スタンドポップ広告で販売促進ができます

お店に行くと、必ずと言ってよいほどスタンドポップを目にします。普段何気なく目にしているものですが、あるのとないのとでは売り上げに大きな差が出てしまうほど、実は販売促進のツールとして非常に重要な役割を果たしています。紙媒体に印刷されたものやインターネットで見ることの出来るものなど、来店する人が事前に情報を得ることの出来る広告に対し、実際店舗に来店した客だけが目にすることの出来る広告です。紙やインターネットの広告と違って買い物客全員に見てもらうことが可能なので、これを活用しない手はありません。忙しい買い物客にも、ぱっと見ただけで的確に伝わるように伝えたい情報を載せる必要があります。では具体的に販売促進に繋がる、どのような効果が期待できるのでしょうか。

どの商品がお得なのかを簡単に伝えることが出来ます

特にスーパーで日々の食材などを購入する主婦たちにとって、お買い得商品は外せません。家計を任されている以上、少しでも安くて良いものを購入したいと多くの人が考えています。しかしたくさんある全ての商品の値段を把握し、日によってどの商品が安くなっているかを判断するのは難しく、忙しい主婦にとって買い物だけに多くの時間を割くわけにはいきません。そこで活躍するのがスタンドポップです。通常のプライスカードに比べてサイズを大きくしたり色を変えたりすること、そして「お買い得」などのワードを入れることにより、一目で購入すべき商品であることが伝わります。来店した客に対しお買い得商品や目玉商品の訴求をし、衝動的な購買意欲を持たせることで客単価を上げるなどの効果が期待出来ます。

商品の細かな情報を客に伝えることが出来ます

スタンドポップには価格面での訴求以外にも非常に重要な役割があります。それは商品そのものの価値を伝えるというものです。例えば原材料や製造過程にこだわりを持った商品や、珍しくなかなか手に入らないような商品など、ただその商品を見ただけでは分からないような情報を伝えることで、客は購買意欲を刺激されます。そこまで手間をかけられないという場合、「売上第1位」や「受賞」といった言葉だけでも、客に安心感を与え販売促進に繋げることが出来ます。またさらに手間はかかりますが、手書きにすることで目をとめる人の数も増える場合があります。印刷物ばかりの店内で手書きのスタンドポップは非常に目立ち、そしてあたたかみや親しみやすさを感じるためじっくりと読んでもらえる可能性が高まります。